カジノのゲーム「ブラックジャック」のプレイ方法・専門用語について。


ブラックジャック

ブラックジャック

プレイ人数

2人〜10人

使用カード

ジョーカーを除く52枚です。

ゲームの目的

カードの合計の点数を21点、若しくは21点により近づけた人が勝利するシンプルなゲームと言えます。ディーラーとプレイヤーが勝負を行い、プレイヤーが勝利したら賭け金に応じ賞金を得れます。

基本ルール

勝敗

21点を越さず、21点により近づけたハンドを作った人が勝利します。点数が同じ場合は引き分けとなります。

カードの点数
A:1点または11点
J、Q、K:10点
その他(2〜10):数字通りの点数
ブラックジャック

一番最初にAと10点のカードを受け取った場合は、「ブラックジャック」となります。「ブラックジャック」は3枚以上のカードで21点になったハンドに勝利することが出来ます。プレイヤーがブラックジャックで勝利した場合、ベットした金額の金の1.5倍の額を受け取ることが可能です。

バスト

ハンドの点数が21点をオーバーしてしまった状態を指します。それ以上、カードを追加することは不可です。

ヒット

ハンドにカードを1枚追加することを指します。

スタンド

カードの追加を終了して、現在のハンドで勝負することを指します。

ダブル

賭け金を倍にして3枚目のカードを引くことを指します。しかし、それ以上カードを引けません。

スプリット

最初に配られた2枚のカードが同じ点数だった時、2つにハンドを分割することを指します。分割した後、それぞれハンドに対して追加のカードを引くことが出来ます。2つ目のハンドにも最初のベット額と同じ額のベット額が必要です。2枚のAをスプリットした場合、それぞれに対し1枚しかカードを追加出来ません。

インシュランス

ディーラーに配られた最初のカードがAだった場合は、ディーラーがブラックジャックであることに対し保険を賭けられます。保険の金額は最初のベット額の半額となります。ディーラーがブラックジャックだった場合は、最初の賭け金を失い保険金の2倍の金額を受け取れます。

ゲームの進め方

1. ベットする

プレイヤーは賭け金をベットします。

2. カードを配る

プレイヤーとディーラーに対してカードを2枚ずつ配ります。ディーラーに配られているカードの1枚目は表向きですが、2枚目は裏向きとなります。

3. アクションを選択

配られたカードに応じ、アクションを選択します。プレイヤーの2枚のカードが同じ点数であればスプリット、ディーラーの1枚目のカードがAであればインシュランスを選択することが可能です。

4. 追加のカードを配る

プレイヤーに追加のカードを配り終えた時、ディーラーに追加のカードを配ります。ディーラーは16点以下であれば、必ずヒットする必要があり、17点以上であれば必ずスタンドしなければなりません。

5. ハンドを比べて勝者を判定

ディーラーとプレイヤーのハンドを比較して勝者の判定を行います。ディーラーが勝利した場合、プレイヤーの賭け金を没収後、プレイヤーが勝利した場合、プレイヤーが賞金を受け取ることが出来ます。

▲先頭に戻る



ブラックジャック ブラックジャック

Google+